2017年5月11日木曜日

how to feeble hard 180

フィーブルハード180ってどうやってやるの?って聞かれることがよくあるのでここで解説したいと思います。
動画を見るのがとりあえず大切だと思うので



まずはフィーブルをかけれることが第一なんですけど、フロントタイヤをなるべくレッジの端っこに置くのが重要です。フロントタイヤをレッジの奥に入れると回ろうと思った時にリアペグが落ちやすいのでとても危険です。

フィーブルをかけてレッジを流してるときは基本ハンドルに荷重をかけて溜めをつくります。そこから一気に回るんですけど、基本BMXはハンドルを曲げた方向に回転がかかるのでレッジの角にフロントタイヤをもっていくイメージでハンドルを回転方向に切ります。
ここが結構重要だと自分は思ってます。動画でいうと1:01秒のスローのところですね。
2:04のところも上からのアングルなので見やすいと思います。

あとはリアペグがレッジをしっかり最後まで滑りきってるかを体で感じてから回ります。
これも1:16秒のスローのところを見るとよく分かると思います。
しっかりリアペグがレッジから抜けていないのに回ろうとするとタイヤがレッジの側面に当たってうまく自転車が回ろうとしてくれません。最初に結構つまづくのはそこだと思います。

途中抜けのフィーブルハード180はまた少し話が違ってくるんですけど、基本の動きはあまり変わらないです。

あとは練習場所ですね、この動画みたいにかける段階の所のレッジの高さが低くて、抜ける所に落差があると回りやすいしすごい練習になります。

もしよかったら参考にしてみてください!

0 件のコメント:

コメントを投稿