2017年5月11日木曜日

BMXのフレーム

BMXのパーツの中で乗り味を一番左右するのがフレームで、まず誰もが悩む所だと思います。
最近ではリアが短いショートフレームが流行ってます。

今日 FIVESTAR BMX の井上さんにフレームを変えてもらっていただきました。

前まではCULTのBUTTERフレームに乗っていました。
CHASE DEHARTのシグネイチャーのフレームです。








リアが短いフレームにまた乗ってみたくなったのでSOSフレームに変えてみました。



まずフレームを選ぶ時には見た目とか好きなライダーが乗っているとか色々な選び方があると思います。
それももちろん重要なのですが、サイズも無視できないのは間違いないです。

今回はサイズの選び方について話しますが、まずはトップチューブの長さを決める時には身長に合わせて選ぶことが重要です。
20.5とか21.0とか色々な種類がありますが身長があまり高くない人は20.5位が妥当だと思います。
パークなどで主に乗る人はもう少し長めのサイズを選んでも大丈夫だと思います。

基本的にフレームのサイズが大きい方がスピードを出したり、高く飛ぶ時に安定するので乗り方で選ぶのも有りです。
フレームのサイズが小さいと回転系がやりやすかったり細かい動きをしやすいので、乗るスタイルで選ぶのも一つの手だと思います。

正直ある程度うまくなるとそんなにサイズは気にしなくても良くなってきますが、乗り味はやっぱり変わってくるので、よく考えてフレームを選ぶことが重要だと思います。

あとはBBハイトや、ヘッドチューブの角度も乗り味に結構影響してきます。
BBハイトが低いと安定性は増します。ヘッドチューブの角度が立っているとノーズ系のトリックがやりやすかったりなど。


色々と選び方はありますが、最終的には自分が好きなフレームに乗るのがモチベーションも上がるので一番よろしいかと思います。あくまで参考程度に。

0 件のコメント:

コメントを投稿